2019年07月31日

2019年7月22日:関西地方は雨でございます。
自転車旅に出かけたいのですが、天候が良くないのでイラついております。
早く梅雨明けしてネ。

 青春18切符を購入し第1弾は佐田岬~阿蘇山を予定しておりますが、
天気予報は、26~28日は阿蘇乙姫で50~60%の雨になっています。
急遽、高山~白川郷~岐阜~大津に変更して25日に出発しました。
乗換時間が、6分と5分と短いので不安ですが、ともあえず出発で~す。
なを、出発駅は新大阪駅としました。
関西で輪行するには、大阪駅、三ノ宮駅と神戸駅はやや不便と感じています。
内緒ですが、新大阪駅はトイレと水道を設置した淀川河川敷公園に近いのです。
また、東口の京都方面の線路沿いにはテントが設営できる草地があります。
神戸のミニ情報:「さんのみやえき」の表記
 JRは三ノ宮駅、阪急・阪神は神戸三宮駅、神戸新交通・地下鉄は三宮駅でございます。

予定経路
高山

列車旅の感想
 時間はあるけど金の無いオジンと公言している筆者は、同じ道を何度も走るのは嫌でございます。
 国道2号、尼崎市、神崎川、淀川はトレーニングコースとして利用していますが・・・・
 列車でワープして、より遠くに行きたい → 青春18切符 → 快速電車/新快速電車/普通列車
 新大阪駅~米原駅~大垣駅~岐阜駅は、乗り換えホームまでの移動が大変でしたが無事終了。
 新大阪駅~米原駅では、知らず知らずのうちに睡眠してました。
 岐阜駅22分では、切符を駅員に提示して駅の外で喫煙しました。
 高山線は岐阜市と富山市を結ぶ路線で、国道41号と飛騨川、国道360号と宮川と並走しています。
 列車からの俯瞰図は、思わず見とれる風景が多かったです。
 高山線の列車は2両編成でトイレがありました。また座席はボックス席でございました。
 美濃太田駅で約15分、久々野駅で特急2本と普通列車1本を通過待ちのため約20分停車。
 久々野駅で喫煙タイムです。標高671mで高山線で一番高い駅との情報がを入手できました。
 ということは、この先は分水嶺があってオジンが眺める川は日本海に繋がっている!
 少し興奮です。
 外は暑いので、予定変更して角川駅まで行くことにしました。
 高山駅で駅弁を購入して15:51発猪谷行に乗車。
 長時間の列車移動であったが、退屈もせずにまた禁断症状のなく楽しめたのがなによりでした。
 残雪の高山線制覇の夢もできました。
DSC04754

DSC04757

DSC04774

待合室にノートがありましたので拝読すると、
アニメ「君の名」で角川駅近くのバス停が巡礼地巡りになっている。
オジンは「君の名」を鑑賞していないのでわかりません。
DSC04773

自転車旅1日目
 自転車を組み立てて付近をぶらぶらしながら野営場所を探す。
 お店があったので食料と飲料水を購入してブログに記載できない方法で睡眠。
 走行距離:カウントせず。
自転車旅2日目 天候:曇り
 標高1290mの天生峠を越えるため5時過ぎにスタート。
 約20Kmの距離で獲得標高858m、オジンの脚力では歩くのは想定内。
 リアディレーラーを交換していますの、ランドナーエンペラーよりも登り坂が楽になりました。
 坂道の途中で、自転車から降りて歩き出すと二度とサドルに乗ることなく歩くスタイルから、 
 休憩後に自転車で登るスタイルに変わりつつあります。少しの進化ですがオジン満足だぁ。

 国道360号は狭くてつづら折りもありますが、交通量は少なくて車両6台と出会っただけです。
 しかし、見上げていた送電線鉄塔が同じ視線から見下す風景になっても頂上へは到達しません。
 にせピークに何度か会います。
 あそこまで行けばピークと信じて裏切られる・・・・・人生にはよくあることですが・・・・
DSC04779

DSC04780

記念撮影です。
DSC04781

下り坂を、白川郷まで一気に降りますので写真撮影なんぞは眼中にありません。
到着した白川郷は、外人観光客で溢れております。
雪の白川郷のイメージが消えそうなので早々に退散。

DSC04789
本日の予定設定は、道の駅大日岳付近で野営?
長良川に沿って下りのみで、岐阜市内の岐大バイパスの回避と関ケ原の峠の関門だけになります。
鳩谷ダムを過ぎると道の駅飛騨白山があります。
胃袋は空、ふくらはぎは痛みを訴えています。ナイトランに備えて休憩タイムとします。
胃袋にはカツカレー、ふくらはぎには泡ジェット、肉体には1時間の仮眠で充電。
 天生峠を征服したご褒美で合計約2時間の休息。
御母衣ダム付近で工事中で信号による片側交互通行、これってオジンはつらいです。
先頭で走るのは、ドライバーからの非難の声が聞こえそうで最後尾から発進します。
信号はオジンの自転車を待ってくれません。上り坂では、対向車が向かってきます。
端に自転車を寄せてドライバーに頭を下げて謝意を表します。
長い上り坂では2~3回繰り返すこともあります。

ダム湖の周囲を走行するが岩除けの洞門とトンネルが連続する。
DSC04797
トンネルが長ければ歩く、短ければ駆け抜ける。
ドライブインみほろ湖で胃袋を満タンにするぞと活き込んでいたが、「本日予約のため営業中止」?
夕飯には早いが時刻であるが、店内は暗い・・・・?
米飯にありつけない胃袋の悲鳴グウキュルグウキュル。
どらやき、サブレ、バナナはそろそろ限界でにゃぁ。
そういえば、昨日からコンビニにお目にかかっていない。
途中で酒、煙草、パンを売っているお店にであうが、おにぎりと弁当がない。
ナイトランの準備をして発進。

すれ違う車と街灯数は少なく寂しい国道156・158号です。
20時過ぎに高山市から郡上市に突入。
しばらく走ると、遠くにデイリーヤマザキらしき看板が光っている。
まちがいなくあれはコンビニだぁ。
食事の前にアイスコーヒーと水2Lで体を冷やす。
突然のスコール、自転車を隣のコインランドリーの軒下に移動して雨宿り。
台風が岐阜に向かって進んでいて、今晩と明日は雨との情報。
また、この先は下りとのこと。上り坂を征服したぞ!と満足感。
コンビニのオナーから、コインランドリーは21時で消灯するので仮眠しても良いよとの
ありがたいお言葉をいただきました。
遅い夕食ですが、弁当2個とカップみそ汁をいただき爆睡。
走行距離:75Km

自転車旅3日目
朝6時30分過ぎに起床。天候は青空が見える・・・・?
雨が降った時に対処すると決めて7時30分過ぎに出発。
約2時間で43.4Kmとオジンにとって記録的な数字を出せたが、郡上八幡で雨に見舞われる。
長良川沿いの稲成洞門の歩道・自転車道に退避。
DSC04805

DSC04802
長良川で鮎釣りを楽しむ人々
DSC04804
近くのコンビニとスーパーで、食料品と水2Lを購入して長時間待機の準備完了

鮎釣りを眺めながら時が流れるのを待つオジン
しかし、15時過ぎには釣り師はいなくなる。
ラジオでFM放送を聞きながらうつらうつら仮眠。
走行距離:43.4Km

自転車旅4日目 天候:曇りから晴
2時頃、岐阜に向けてスタート。
交通量は少なくて、路肩の状況も良いので順調に走行。
道の駅美並でトイレ休憩。休憩室があったので入室。
ルート上の道の駅に24時間開放情報室or休憩室を事前にチェックしたが、ヒットしなかった。
帰宅して再度調べたが、利用時間の明記はなかった。
鍵の閉め忘れかもしれない。
DSC04809

DSC04810
すべてのコンセントにガムテープがあります。
みなさん、盗電は止めましょう。

岩戸トンネル818mは、進行方向の右側に歩行者・自転車道が設置されています。
進入経路で少し迷いました。
岐大バイパスの回避のため交差点:上印食を右折して県道31号で綾戸口で国道21号と合流予定。
しかし、道を誤り県道18号で岐阜羽島駅前から県道31号と回り道をしてしまった。
朝飯後に下痢となりコンビニで各駅停車・・・・ワォ
国道21号の路側帯は狭くて走行しずらい。
喫茶店で体を冷やしながら峠をクリヤーしたが、米原駅から輪行で帰宅する。
暑かったぞー。
走行距離:113Km

図111

よろしければ、写真をクリックしていただくと古希オジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

2019年06月20日

2019年6月17日~18日にかけて小豆島の海岸線を走ってきました。
ルート:坂手港から時計回りです。走行距離:113.6km


ジャンボフェリー夜行便AM1:00 →[高松経由]→ 7:30 坂手港→神戸港 朝便AM 7:30 → 11:00 昼便15:15 → 18:45 夜便20:30 → 24:00

よろしければ、写真をクリックしていただくと古希オジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

2019年05月21日

海岸線沿いに「環島」したオジン個人の感想・印象です。

コンビニエンスストアについて
 ※写真はコンビニの宣伝のようですので、掲載しません。
所在:台○○線で比較的大きな集落のないところでは、コンビニがないというのが感想です。
販売内容:日本とほぼ変わらない日用品、食品、煙草などが販売。
 日用品:オジンは、タオル、カミソリなどの日用品を購入。
 食品:おにぎり、弁当、インスタントラーメン、パンなど販売。
    非常食に適したクラッカー類は種類少なく高価っていうか割高。
    オジンの非常食は、肉包類を多用しておりました。一晩放置しても腐敗はありません。
    冷水は日本に比べて安価と思いますが、アイスクリームやポカリスエットは高価です。
 熱水:インスタント食品用の熱水は、関東煮、煮卵などののコーナーにありました。
 タバコ:全種類を置いているのでなく、売れ筋の商品のみを販売しているようです。
 トイレ:看板にトイレマークは、ほぼ付いておりました。
     紙はほぼありましたが、念のため携行した方がよさそうです。
     使用後の紙すべてを、トイレにあったゴミ箱に捨てました。
     ※緊急時のウンチは、ガソリンスタンドでお借りしました。
 ゴミ箱:飲食と休憩のできるコンビニでは、一般ごみと資源ごみに分類して回収。
     冷水を購入した後、空のペットボトルを持って店内に入ると店員さんが受け取るか、
     またはゴミ箱の場所を教えてくれました。
 レシート:総計のみ印字され、個々の商品価格は印字されません。
     予め、暗算or入力時に確認した方が良いと思いました。
     日付、時間、場所が印字されます。
 オジンは、コンビニは冷水補給のみとして、食事は飲食店で食べるようにしておりました。

煙草の購入は、どうやったんだって?
 日本のような煙草屋は、ありませんでした。
 コンビニもない小さな集落でも喫煙者はいるはずだから何処かで、販売しているはずです。
 開店しているお店に行って、煙草のケースを見せると販売されていました。
 お店の種類は限定されてないようです。
 ちなみに、年齢の確認・チェックはありませんでした。
  オジンは、コンビニで年齢チェックされるのが煩わしいので、煙草は煙草屋で
 購入しております。

 煙草屋で思い出したのが、檳榔でございます。
煙草屋に看板娘がいたように、檳榔店にも看板娘がおりました。
可愛くて足の綺麗な美女に時々ですが遭遇します。
檳榔は看板娘の手作りですから、鼻の下が長いお客さんも多いかもしれません。
次の檳榔店はどんな美女が・・・・・。オジンの密かな楽しみでした。

よろしければ、写真をクリックしていただくと古希オジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング