2015年08月27日

題名「紀伊半島一周 前半」について

 紀伊半島ってどこからどこまで???

漠然としているので、ネット検索したらウィキペディアの「紀伊半島」がヒット。これおもろいから読んでネ。

一般的に、大阪と名古屋を結んだ線から南側らしいので、「津~大阪」を前篇とします。


台風1516号が関西を過ぎ去りましたので、やっと紀伊半島に向けて出発します。

ルートは、太平洋を眺めるために紀伊半島を時計回りに走行。

また、琵琶湖一周で走行した国道1号線を繋ぐため出発点を「JR瀬田」に設定。


携行機材

丸石サイクルエンペラー、NITTO Campee OSTRICH F-106フロントバッグ、OSTRICH DLX サイドバッグ、

U.L.ドームシェルター 2型(130×210cm)、グランドシート()、U.L.コンフォートシステム エアーパッド、寝袋、蚊帳、

LOGOSトーチ 500、アクスレHL-905LED、パワーヘドライ HIGH、単4電池(予備)、着替え2セット、靴下3足、

チューブ、工具類、PC、カメラ   合計で約28Kg


JR瀬田駅から近鉄鳥羽駅 2015/8/26  走行距離127.4Km


☆出発地点まで輪行

輪行では、通勤帯を避けるのがマナーとネットにあります。JR大阪駅始発(6時前)の快速電車を選択、おっとどっこい乗客多し。ほぼ満員。京都市への通勤・通学者って多いんだなぁ。なんて思っていたら、京都から各駅停車になっても乗客は増えるばかり、みんな何処に行くんでしょう?ともあえず、ご迷惑ごめんなさい。

 

☆「道の駅:あいの土山」
  日本が好きな台湾の青年との出会い。嬉しいですよね。日本が好きな青年がいることって!!
3ヶ月のビザで入国して北海道・東北・関東・中部と「自転車一人旅」した青年で、残りの半分は来年に再挑戦の予定です。彼に出会ったら「日本語が上手ですから、声をかけて下さいネ」
写真の公開は、御本人の承諾をいただいています。

CIMG5150

☆国道1号線
 琵琶湖一周の時に、京都から山科に抜けるのに苦労しました。
瀬田駅からの国道1号線は路側帯がガタガタでかつ狭い個所が多い。通勤時間と重なったので交通量は多いし、リアバックで自転車の横幅が広いので歩道を走ったが、凸凹が多かった。
 わたしゃ遊び、あなた様方は仕事なんですから、スムーズな流れを邪魔しませんように走ります。なんてネ。

☆鈴鹿峠
 初めての鈴鹿峠でございましたが、何とか切り抜けました。下り(関方面)は、途中から自転車道?らしき側道を走りましたが、交差点「沓掛」で本線と合流すること。その先の本線は、対面交通になります。

CIMG5153

 長い下りで考えたことですが、「キャノンボール達成者」はすごいとなぁ。箱根峠を越え数百キロ走り、鈴鹿峠を越えガタガタの国道1号線を走り「梅新」に24時間以内に完走するって、化け物・怪物だぁ。

☆関の町
 昔の宿場町で、昔の面影を残しています。
CIMG5157
伊勢神宮の古い鳥居もあります。

☆近鉄鳥羽駅付近の公園で「波の音」を聞きながら野宿。

☆餃子で有名な○○でのこと
 場所・時間は敢えて書きません。酢豚定食を頼んだら「ご飯が右」でした。これって・・・ひどくないですか。
旅の初日に・・・・・・・。
 

よろしければ、写真をクリックしていただくとオジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

コメントする

名前
 
  絵文字