紀伊半島

2015年09月05日

紀伊半島一周 前半 2015/ 8/29  走行距離 97.2km
道の駅紀伊長島マンボウ~道の駅紀宝町ウミガメ公園

国道42号線で尾鷲→国道311号→国道42号(鬼ケ城経由)



「紀伊長島マンボウ」に到着するなり、雨が激しくなる。カミナリさんもなっている。
幸いにも屋根の下で雨宿りと仮眠(爆睡だぁ)。
CIMG5209

3時過ぎに目が覚めたら、雨がやみ星が見える。しめしめ、今の間に走りましょう。
走り始めたら「大雨警報発令中」・・・・・・・。8月の終りで、台風でもないのになぜ、Why?
でも、走ります。
CIMG5211

暗闇に見える2個のトンネル:長島歩道トンネル
CIMG5213

CIMG5216
交通量が少ないので本線トンネルを走ることも可能ですが、交通ルールを守ります。
せっかく作ってくれた歩道トンネルですから、利用しましょう。

道の駅海山:大雨警報に怯えながらも、まだ雨に会わず。ラッキー
洗面所で大量の洗濯をしている人がいましたが、マナー違反行為ですよね。
CIMG5217

こんな景色を見ながら走ります。
CIMG5219

尾鷲まで馬越峠を越えるだけ、はやく尾鷲をおわりにするぞ。
熊野古道の馬越峠を二本足で自転車とともに歩いて越えた峠ですが、橋からこんな景色が観れました。
CIMG5225

尾鷲市内で朝食を食べた後、「コメダ珈琲店」を発見。開店時間7時まで待ちますよ。美味しい珈琲を飲みたいですよ。しばしの安息時間。

尾鷲市街を抜けて国道311号線に突入。八鬼山トンネルまでは、急で長いアプローチが続く。
CIMG5228
尾鷲市街

やっと八鬼山トンネルに到着。
交通量が少ないので自走します。念のため、ヘッドライトを点滅させ後方にむける「逆ホタル」。
下り坂ですので嬉しいです。
CIMG5230

CIMG5231

トンネルを抜けると「九鬼」で、九鬼水軍の本拠地です。四国にも村上水軍がいましたが・・・・・・。

国道311号線は国道260号線同様に登り坂・トンネル・下り坂・集落の繰り返しで、リアス式海岸らしい。
「リアス式海岸」ってトラウマになりそう。東北のリアス式海岸・・・・・考えたくない。

でも、写真のような柱状節理が観られます。
柱状節理:岩が柱状になった節理。六角柱状が多いが四角・五角柱状もある。マグマの冷却面と垂直に発達。
関西では、城崎温泉近くの玄武洞が、有名ですし節理もきれいです。

CIMG5235

国道311号線の一部区間
CIMG5236
この幅でも国道です。軽自動車とすれ違えません。
大雨警報発令中ですが雨は未だです。
晴れって、幸せなんだから~。道幅なんて関係ない。関係ない。一発ギャグ口調で唱える。

CIMG5242
トンネルは短い・歩道もない(土木技術は現在より未熟・工事費は安価)→峠の頂上→登り坂は長い。
この論理は、妙に説得力がありそうです。

CIMG5244
やっと国道311号線とお別れです。

鬼ケ城を見物(入場無料)
台風災害で通行止めがあり、途中までしか行けませんでした。
空は「青空と雲」が見えますが、背後には雨雲が忍び寄っていました。
突然の大雨。ランドナーちゃんも私もびしょ濡れ。
CIMG5246
ランドナーちゃんにレインコートを着せて、喫煙所で雨宿りと着替え(心配なく上着だけ)。
1時間程度で雨がやむ。先を急ごうと国道42号線に戻る。
待っていたのは、下の写真

CIMG5252
分かりました。了解です。で、どちらに進めば良いのでしょうか?
迂回路の案内がありません。
バイパスなんかで、よくあるんですよ。自転車通行禁止で迂回路の案内ないことって。なんとかして。
近くのホテルで迂回路を聞いたら「歩道橋を渡って右折」すると迂回路があるそうです。
CIMG5255
この歩道(自転車通行可)がトンネルまで続くんですよ。初めての人は、トンネルまで行きますよね。
コインランドリーで、休息を兼ねて洗濯。香り漂う靴も乾燥しました。
CIMG5256

迂回路から国道42号線にもどり「七里御浜」の波の音を聞きながら進む。
すき家で「牛丼特盛・豚丼並たまごセット」を注文したら店員がびっくりしてた。でも完食。

自転車ってガソリンは要らないけど、カロリーが要るんです。キャラメル、チョコレート、〇〇メイトなんぞを備蓄していませんと低血糖になりそうです。

紀宝町ウミガメ公園で野営。

260・311号が制覇したので気分的にリラックスしてますが、移動距離が稼げません。
この天候では、何時関西に戻れるか? 「お金はないけど時間はあるから」と慰める自分がいた。

よろしければ、写真をクリックしていただくとオジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

2015年09月04日

紀伊半島一周 前半 2015/8/28 走行距離27km



起きると、期待に反して雨。しかも、土砂降り。
うそぉぉ・・25日の天気予報は、30・31日が曇り・雨で晴れが続くはずだぞぉ。
することもなく、雨を止むのをひたすら待つ。耐えるんだ。
耐えること数時間しびれを切らして、10時40分小雨の中を出発。
11時過ぎ、雨は元気よく土砂降りに「雨宿り・雨宿り」と呪文を唱えてバス停へ。
CIMG5187
餃子〇〇店の配膳の祟りか? それとも悪行の報いか(それは無い) 尾鷲に近いから雨の多い地域なのか?

14時30分:「道の駅紀伊長島マンボウ」に向けてというか国道260と「おさらば」したいので自転車を漕ぎます。
数多くのトンネルを越えて、当然して登り坂・トンネル・下り坂・集落のパターンの繰り返し。
忘れてた。この街道は「釣り堀」の看板がやたらと目につくことと海岸に近いけど海は時々しか見えない。

道中の写真2枚
CIMG5199

CIMG5201


18時33分 国道260号線とオサラバです。
タフな道でした。
CIMG5207

今日のネグラは、紀伊長島マンボウで何とかならないかなぁ。と期待して・・・・
自転車旅行記ランキングへ

紀伊半島一周 前半 2015/8/27 走行距離92.3km
国道167→県道61→大王崎→国道260→国道167→道の駅伊勢志摩→県道16→国道260

天気は晴れ 今日も頑張るぞ!
CIMG5161

CIMG5164
国道167号を道なりに走行して「伊勢宮」をすぎたあたりの交差点。
「御座 賢島」?と迷いつつも直進。
しばらくすると、志摩スペイン村が左前方に見えてきます。もうすぐ、大王崎です。

大王埼灯台と自転車の写真のため、土産物店が立ち並ぶ狭い急こう配の坂を上ります。
CIMG5167
海の色と岩礁・・・アワビ・サザエ・伊勢海老・・・・・。密漁は御法度です。

CIMG5170
灯台は200円で中に入れます。

国道260号:志摩町御座港から浜島港間は海上ルートになっているが、車両(自転車を含む)は乗船できないとの情報のため道の駅伊勢志摩をめざす。
CIMG5173
浜島方面に行くと国道260号線に合流しますが、右折して伊勢・鳥羽方面に行きます。

「道の駅伊勢志摩」までは、嫌いな登り坂ですがなんとかたどり着けました。
休憩所は、畳がありゆっくりと休憩でき、ネットも30分間無料でできます。ありがたいことです。
CIMG5174

県道16から国道260に合流しますが、足に疲労が・・・・・。
国道260は、リアス式海岸地帯ですので集落→登り坂→下り坂→集落の繰り返しです。
寝床探して走ります。南伊勢町東宮でやっとネグラを発見。河村瑞賢公園で、トイレ付、屋根のある休憩所もあるんです。17時30分ですが、蚊帳で寝ることにしました。
23時頃、土砂降りの雨で目が覚めました。屋根があるから、大丈夫と爆睡。
CIMG5186

公園は手入れが行き届いているので、芝生にテントを張るのはやめました。
結果的に、雨にぬれずに幸運でした。



よろしければ、写真をクリックしていただくとオジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング