古希オジンの台湾自転車旅

2019年05月13日

本日のルート:自転車の移動なし
LIGHT HOSTELから高雄国際空港まで、台17線で8.2Kmに到達しております。
 高雄市中心部を自転車で観光するのは、デンジャラス。
 朝からブログを整理。そして、シャワーと洗濯。
PM13時頃、朝食兼昼食のため外出。
都会は、食事できるお店が多数あるので安心できます。
 暑いので宿舎に帰って、本日のメインイベント「手なが蝦釣り」に出かけます。

六合夜市の近くに日本の衰退しかかている娯楽
図1
 お客が少ないのとシステムが分からないので、遊戯はしておりません。

訪れた「明星休問廣場」です。
カップル、家族、オジンのように男一人などが、楽しんでおります。
図2

貸し竿を選んで、紙板と餌(えび、内臓らしき餌が2種)と受付でナイフを借りて準備OK。
図3

オジン:料金を支払うため財布を取り出す。
受付嬢:早く釣り場に行けと命令。
オジン:女王様の命令に従って、釣り開始。

約10分後に、王様登場

あまりの下手くそな釣り方に、きっと見かねたのでしょうネ。
 横に来て、ウキ下の調整、重りの調整、餌のつけ方、餌の大きさと切り方、
ウキが2目盛り下がったら合わせるなど、レクチャーしてくれました。

餌は米粒と同程度かやや大きめみ切って、針先は出しておく。
図4

本日の1匹目をゲット。坊主を免れました。
前回は1時間で1匹ですから、記録更新できそうです。
図5

約30分後に女王様が登場:釣る時間を聞いてきたので、2時間と伝える。
伝票に17:35と記入して渡してくれましたが、現在15:35です。
そうか、そうだったのか!
約30分は、オマケだったんですネ。釣り場に行けとの命令は、サービスなのです。

2時間(正確には2時間30分)の釣果
図6
なんと5匹(記録更新)、3匹は針がかりが浅く取り込めず。

料金は340元で5匹。

釣った蝦は、水道水で洗って、塩をまぶして焼きます。
図7

お皿に盛って、いただきます。
図8

夕食を食べて夜食用にちまき2個購入。

六合夜市は、今宵も観光客で溢れています。

宿泊地:LIGHT HOSTEL
天候:晴
走行距離:0Km

よろしければ、写真をクリックしていただくと古希オジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

2019年05月12日

本日の予定:空軍軍官學校航空教育展示館に行き、台17線でLIGHT HOSTEL 承億輕旅 高雄館へ

 幸い海巡署員の職質もなく、AM6:30に起床。
キャンプ用品を十分に乾燥させています。
勿論、撮影後はテント、寝袋、グランドシートも乾燥させます。
キャンプ用品さん、お疲れ様です。
日本に帰ったら、洗濯しちゃるからネ。
DSC04023


またですか? 
DSC04025
中華民国(台湾)の人って釣りしかしないって偏見持っていない?
いえいえ、オジンも釣りが好きなんです。
どんな魚が釣れているか? 気になるんです。そして、オジンも釣りしたいなぁ。

魚丸湯の魚団子を製造しているお店、許可をもらって撮影。
図4

図5

図6
おやつとして、1個づつ5種類購入。

さて、台湾空軍航空教育展示館のルートです。
そうなんですよね。近いでしょう

図3
青森県立三沢航空科学館と同類の施設で、使用済みの飛行機などが展示されています。
2019/05/12は日曜日ですので、見学者が少ないオープン開始時間に入館を目指してます。
飛行機の写真に見物者が写りこむのはいかがなものかと思います。

空軍軍官學校航空教育展示館に到着
駐車場に自転車を置いて、2階の入場口から入ります。
入場料は200元ですが、学生と65歳以上は150元でした。
オジンは、パスポートで70歳であることを伝えて150元の入場券を購入できました。

予備電池を使うほど写真を撮りましたが、一部を掲載します。
複葉機、プロペラ戦闘機、初期のジェット機、中華人民共和国から亡命したMiG、練習機、
水陸両用機、F104-D戦闘教練機などなどが展示されています。DSC04048

DSC04072

DSC04073

DSC04250

DSC04204

DSC04179

爆弾のコーナー
DSC04103

右から2番目のナパーム弾をアップに撮影
DSC04111
その他、各種のエンジンがありました。
 爆弾やエンジンを近くで見るのは初めてですが、有意義な2時間でした。

台17線に戻ると、
DSC04282
この地域Mituoは、仏教に関連したしているのかなぁ。

でっかい木の実発見したので撮影
DSC04285

露店ででっかい木の実?を売っているので、名前を聞くと「波羅蜜」でした。
ご主人曰く、甘いから試食しないか? アイスボックスから、取り出したパック。
図8
オジンの心:売り物じゃないでしょうか? まぁいいか。食べてみたいしなぁ。
 素直に一切れいただく。歯ごたえはあって、甘い。しかし、1パックは要らない。
別の果実6個100元を3個50元で購入して、バイバイ 御馳走様です。

台7線は、高雄中心部に向かうにつれて西部濱海公路、中華路などと表記が代わります。

台17線の標識が少なくなり、交差点での右折や左折が多くなり間違わないようにゆっくり。
「オジンの生命線」ですので、外れることができません。
また、バイク数が多くなり、逆走や信号無視がみられるようになりました。
 緊張と暑さで疲れております。
DSC04308

孔子廟と蓮池潭の観光を早々にしてLIGHT HOSTELに向かいます。
DSC04298

DSC04305

DSC04303

キロポスト226で「中正四路」を見つけたぞ。
左折して美麗島駅まで行けば、シャワーを浴びることができる。
あと少し、もうちょっと、シャワー・・・・
DSC04307

LIGHT HOSTELチェックイン。
シャワーを浴びる。快感、満足、

PM18頃、観光夜市である六合夜市は歩いて数分。今回の旅では、初めての夜市なんです。

 水餃子大好きオジンは、水餃子のお店で作製工程に見とれる。
図3
皮を作る人               餃子の具

図4
具を包む人
 日本に帰ったら練習してみよう。マネできるといいけど・・・

宿泊地:LIGHT HOSTEL 承億輕旅 高雄館 12、13、14日と3連泊(1350元)
天候:快晴で暑いです。
走行距離:45.51Km 総走行距離:1281.69Km

よろしければ、写真をクリックしていただくと古希オジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

2019年05月11日

本日のルート:今回の旅では、「日没」を観ていません。
 明日も天候が良さそうなので、彌陀海濱遊樂區で日没鑑賞後にテントで寝る予定。

朝9時半出発で、台17線をぶらぶら南下します。
 黄金海岸自行車路線との出会い。
 DSC03928
進路変更して自行車路線に入ります。
同じルートを引き返すことを考慮して、70歳の記憶力をフル動員!
案内標識も適度な間隔でありました。迷うことなく、約15分程度で到着。

右手奥の建物は海巡署(海上保安庁)みたいです。
DSC03930

左手は、魅力を秘めた自行車路線・・・。惹かれます・・・
DSC03931

約1Km程度を走行
DSC03932
休憩用の椅子が、ずらりと置かれています。

DSC03933
休憩のみならずテントが張れます(東屋として◎)。
東屋を見ると、無意識・反射的に「テントが張れるか?」と考えてしまう思考パターン。
 先に進むか(台17線に合流するかも) or 台17線に戻るか ? 

安全策で台17線に戻り、自助餐で早い昼食。
DSC03934

自助餐の簡単な説明
DSC03937
14種類のお惣菜がありますが、種類・量の選択は自由です。
今回は赤・白の皿に入れましたが、一般にトレイが多いです。
湯(スープ)は無料のお店が多いですが、ここでは注文するようになっていました。
御飯は白米(小・大)といくつか種類があり選択して注文します。
会計時は、視算で80・90・100・120元と言われますので、支払います。
未だに、1~9元の支払いをしたことがありません。

またまた・・・・
図2
快樂海釣り場:20分ほど見てましたが、名前どうりでなく釣れていません。
 池なんですけど、海水を使っているんでしょうか。

台17線の脇に自行車路線が並走していましたので、そちらを走行
DSC03945
自行車路線を改良中の工事

DSC03948
黄金海岸船屋という建物ですが、休館中でした。

DSC03943
海は良いなぁ・・・

DSC03949
終点で記念撮影
 海巡署からここまでが、黄金海岸自行車路線みたいです。

またまた・・・
DSC03955
二仁渓橋の女性釣り師。竿の扱い、パラソルの準備・・・。ベテランですなぁ。
問:オジン→釣り師:ジェスチャーで、釣れてますか?
答:釣り師:釣れていない。
オジン:バイバイ

二仁渓橋を越えると
図5
高雄市茄萣区に入りました。

台17線に沿って茄萣公園があります。
図6

加油!チアヨウ 右手の親指を立てて、声をかけていく4人組。
4人組:We are Hongkong.
オジン:I am Japanese.
5人で加油.
 香港のグループと出会ったのは、2回目です。
図7

暫く走行すると、標識に「彌陀」の文字 !!! オジン驚き桃の木山椒の木だゎ。
図8

自転車旅の最後に親父様と同じ名前の土地で、露営するなんて・・・・・
Mituoで夕食をいただき、夜食と朝食を購入して「光和路」で海岸を目指す。
光和路は、養殖池が多くて放し飼いの犬も多い。
 この地域の犬はおとなしくて、距離をおいて通過すれば吠えないので一安心。

自行車路線は防波堤を併用で、東屋は二つありました。
DSC03979

これで、今晩の寝床確保しましたが、現在時刻PM15時です。
昼寝をすると、夜眠れません。ひたすら日没時間まで、待機します。

お犬様、日陰で休息中・・・。 夜にはいなくなりました。
DSC03984

移動物体発見・・・。デッカイやどかりでしたのでパチリ。
DSC03988

積乱雲
DSC03993

北西風が写っていましたら◎なんですが、いかがでしょうか?
久しぶりにみる積乱雲。どんどん成長してゆきました。DSC03990

PM16:45の太陽です。雲が気になります・・・・
DSC03994

台湾海峡に落ちる夕日
図1

夕日前と夕日後の積乱雲
図2

 近くに海巡署があり、オレンジ制服署員がバイクで2回巡回していましたが、
露営禁止の警告はありません。
日没後には北西風は止み、無風状態になりました。ラッキー・・・何て良い夜だ!
テント設営後、星空を観ながら睡眠。

宿泊地:彌陀海濱遊樂區でテント
天候:晴
走行距離:41.48km 総走行距離:1236.17Km

よろしければ、写真をクリックしていただくと古希オジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング