紀伊半島一周

2015年09月06日

紀伊半島一周 前半 2015/ 9/1  走行距離 101.8 km
御坊市~紀ノ川
国道42号・県道189・188・24・187・24・23・20・国道42号・国道26号


CIMG5317
日の碕灯台:空は青空が見えます。アプローチは長いですが、下りが楽しみと思いつつ登りました。
御坊由良線、御坊湯浅線は、アップダウンがあり道幅が狭い個所もあります。

白崎海洋公園 雲にご注意下さい。
CIMG5320

最初は小粒で、さあ降りますよと合図が出ます。3分以内に「じょうろ」で水撒き状態の大雨です。
雨宿りでしのぎます。

雨が小降りになり向こうの山がぼんやり見えてきました。
CIMG5323

晴れてきました。待つことに慣れてきましたが、今回は雨との戦いです。

CIMG5326

でも、ご褒美があります。虹なんて久しぶりです。

CIMG5330

こんな景色も好きです。海・島・漁港・水田・手前にみかん。もうすぐ秋ですね。

CIMG5332

湯浅はやっぱり「醤油」
CIMG5333

こんな夕焼けも久しぶりに観ました。
CIMG5335
国道42号:有田市→紀三井寺→国道26号:紀ノ川は、雨宿りしては進む状態でした。

国道26号で和歌山市方面から紀ノ川を渡るときの経路
 この区間は高架になっていて、自転車進入禁止です。もちろん、迂回路の案内表示はありません。
本線と側道がありますから、下り坂の側道を進むと「スロープ」があります。スロープを登って20m程度進んで、右折しないで直進すると、本線の右側側道につながります。

紀ノ川を渡って直ぐのファミレスで、夜食と休息で2時間過ごし雨がやんだようですので一気に帰路へ。
AM2:00出発進行

紀伊半島一周 前半 2015/ 9/2  走行距離 82.4 km
紀ノ川~大阪市梅新
国道26号・県道7・65・国道26号・府道204・63・204など


夜間走行してますが、前に強力なライトを2個、ヘッドライト、後は赤色点滅燈で照明確保。

CIMG5339

加太港を過ぎてから短時間で「大阪府」
CIMG5340

途中の道中は、何度か走っているのと写真がありませんので記述は省略。

旅の終点は、梅新交差点で記念写真
紀伊半島一周前半終了、後半は名古屋~関ですが未定です。
よろしければ、写真をクリックしていただくとオジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

2015年09月05日

紀伊半島一周 前半 2015/ 8/31  走行距離 80.8 km
見老津~御坊市



朝6時前 曇り空:晴れていないが雨は降らず。だんだん、この曇り空の環境に慣れてきた。
曇り空が続きますように。パンパン

CIMG5290



CIMG5294

「道の駅 椿はなの湯」に到着
CIMG5310

足湯もあります。
CIMG5308

早速ですが、入浴料500円で疲れを癒します。
源泉そのままの「槇の一人風呂」は、大浴場と比べて低温ですが、それがまた気持ち良かとです。
大浴場で暖まった体が、引き締まります。

トイレの前に、張り紙が・・・・・。道の駅で、バーベキュー??
オイラは、道の駅で仮眠するけど・・・・・・・・

CIMG5309

白浜はパスして国道42号を進みます。この辺りは、魚釣りでよく来たので快調に進みます。
「南紀白浜~すさみ南」が開通したので、国道42号線の交通量が少ないので、走りやすいです。
ただ、道の駅が少ないように感じました。

今晩の寝床は「ビジネスホテル」と思っています。暗くならないうちにと、視線はキョロキョロ。
おかげさまで御坊市内で確保できました。
洗濯と靴の乾燥、ネットなどができました。

よろしければ、写真をクリックしていただくとオジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング

紀伊半島一周 前半 2015/ 8/29  走行距離 97.2km
道の駅紀伊長島マンボウ~道の駅紀宝町ウミガメ公園

国道42号線で尾鷲→国道311号→国道42号(鬼ケ城経由)



「紀伊長島マンボウ」に到着するなり、雨が激しくなる。カミナリさんもなっている。
幸いにも屋根の下で雨宿りと仮眠(爆睡だぁ)。
CIMG5209

3時過ぎに目が覚めたら、雨がやみ星が見える。しめしめ、今の間に走りましょう。
走り始めたら「大雨警報発令中」・・・・・・・。8月の終りで、台風でもないのになぜ、Why?
でも、走ります。
CIMG5211

暗闇に見える2個のトンネル:長島歩道トンネル
CIMG5213

CIMG5216
交通量が少ないので本線トンネルを走ることも可能ですが、交通ルールを守ります。
せっかく作ってくれた歩道トンネルですから、利用しましょう。

道の駅海山:大雨警報に怯えながらも、まだ雨に会わず。ラッキー
洗面所で大量の洗濯をしている人がいましたが、マナー違反行為ですよね。
CIMG5217

こんな景色を見ながら走ります。
CIMG5219

尾鷲まで馬越峠を越えるだけ、はやく尾鷲をおわりにするぞ。
熊野古道の馬越峠を二本足で自転車とともに歩いて越えた峠ですが、橋からこんな景色が観れました。
CIMG5225

尾鷲市内で朝食を食べた後、「コメダ珈琲店」を発見。開店時間7時まで待ちますよ。美味しい珈琲を飲みたいですよ。しばしの安息時間。

尾鷲市街を抜けて国道311号線に突入。八鬼山トンネルまでは、急で長いアプローチが続く。
CIMG5228
尾鷲市街

やっと八鬼山トンネルに到着。
交通量が少ないので自走します。念のため、ヘッドライトを点滅させ後方にむける「逆ホタル」。
下り坂ですので嬉しいです。
CIMG5230

CIMG5231

トンネルを抜けると「九鬼」で、九鬼水軍の本拠地です。四国にも村上水軍がいましたが・・・・・・。

国道311号線は国道260号線同様に登り坂・トンネル・下り坂・集落の繰り返しで、リアス式海岸らしい。
「リアス式海岸」ってトラウマになりそう。東北のリアス式海岸・・・・・考えたくない。

でも、写真のような柱状節理が観られます。
柱状節理:岩が柱状になった節理。六角柱状が多いが四角・五角柱状もある。マグマの冷却面と垂直に発達。
関西では、城崎温泉近くの玄武洞が、有名ですし節理もきれいです。

CIMG5235

国道311号線の一部区間
CIMG5236
この幅でも国道です。軽自動車とすれ違えません。
大雨警報発令中ですが雨は未だです。
晴れって、幸せなんだから~。道幅なんて関係ない。関係ない。一発ギャグ口調で唱える。

CIMG5242
トンネルは短い・歩道もない(土木技術は現在より未熟・工事費は安価)→峠の頂上→登り坂は長い。
この論理は、妙に説得力がありそうです。

CIMG5244
やっと国道311号線とお別れです。

鬼ケ城を見物(入場無料)
台風災害で通行止めがあり、途中までしか行けませんでした。
空は「青空と雲」が見えますが、背後には雨雲が忍び寄っていました。
突然の大雨。ランドナーちゃんも私もびしょ濡れ。
CIMG5246
ランドナーちゃんにレインコートを着せて、喫煙所で雨宿りと着替え(心配なく上着だけ)。
1時間程度で雨がやむ。先を急ごうと国道42号線に戻る。
待っていたのは、下の写真

CIMG5252
分かりました。了解です。で、どちらに進めば良いのでしょうか?
迂回路の案内がありません。
バイパスなんかで、よくあるんですよ。自転車通行禁止で迂回路の案内ないことって。なんとかして。
近くのホテルで迂回路を聞いたら「歩道橋を渡って右折」すると迂回路があるそうです。
CIMG5255
この歩道(自転車通行可)がトンネルまで続くんですよ。初めての人は、トンネルまで行きますよね。
コインランドリーで、休息を兼ねて洗濯。香り漂う靴も乾燥しました。
CIMG5256

迂回路から国道42号線にもどり「七里御浜」の波の音を聞きながら進む。
すき家で「牛丼特盛・豚丼並たまごセット」を注文したら店員がびっくりしてた。でも完食。

自転車ってガソリンは要らないけど、カロリーが要るんです。キャラメル、チョコレート、〇〇メイトなんぞを備蓄していませんと低血糖になりそうです。

紀宝町ウミガメ公園で野営。

260・311号が制覇したので気分的にリラックスしてますが、移動距離が稼げません。
この天候では、何時関西に戻れるか? 「お金はないけど時間はあるから」と慰める自分がいた。

よろしければ、写真をクリックしていただくとオジンの励みになります。
よろしくお願い申し上げます。

旅行記ランキング